「社会福祉法人ロザリオの聖母会」次世代育成支援行動計画(平成27~29年度)

全ての職員が働きやすい環境を整備することによって、その能力を十分に発揮できるようにするとともに、子育て中の職員が、仕事と子育ての両立を図ることができるよう、次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成27年4月1日から平成30年3月31日の3年間

第4期(平成27、28、29年度)

内容

目標1

①第1期に引き続き、年次有給休暇の取得率を50%以上にする。
②取得日数の少ない部署の把握及び取得できない原因を検討する。
③取得日数の少ない部署の職場管理者に対して指導、並びに取得できない状況を改善し、取得しやすい環境に整える。

目標2

①妊産婦に対して、妊娠判明時から産後1年間は夜勤の免除をする。
②妊娠判明時から産後1年間は就業規則上の休日労働・時間外労働をさせない。
③上記2項については、本人の希望する場合のみとする。

目標3

①未就学児の育児を理由に常勤からパートタイマーへ勤務体系の変更を希望する職員に対して、いつでも常勤に戻れるという条件での変更を認める。

目標4

①子の看護休暇を取得しやすくするため、年5日の休暇の内3日を特別有給休暇扱いとする。

対策

・法人の月報(職員向け広報紙)や法人内LANを活用して周知・啓発を実施します。また取得結果を職員に公開します。

・管理者は、有給休暇の取得状況を把握し、取得しやすい環境づくりに努めます。管理者に対する研修を行います。

・管理者は、処遇配慮の対象となる職員の把握に努め、この行動計画についての説明と希望の有無を話し合い、希望に添う業務上の配慮を実施します。